メインメニュー
チャート
パートナーサイト
中国株
中国株 : 11月24日の香港市場は、売買代金急減の中で反落
投稿者 : hiropon 投稿日時: 2008-11-25 20:33:02 (1180 ヒット)

11月24日の香港市場は、ハンセン指数、H株指数ともに安値で引けた。主要株価指数であるハンセン指数は、201.26ポイント(1.59%)安の12457.94、中国本土企業を中心に構成されるH株指数は48.01ポイント(0.75%)安の6376.96ポイントでそれぞれ引けている。

米政府がシティグループに対して新たな救済策を発表するなどの好材料があったにも関わらず、景気後退が長引く可能性があると見る投資家が買い控えて、香港市場の株価は大きな反応を見せなかった。売買代金も約350億香港ドルの低水準にとどまった。

この日の銀行セクターは、銘柄によってまちまちの動きとなった。ハンセン銀行が2.10(2.36%)安の87.00、中国銀行(3988.HK)が0.05(2.34%)高の2.190、中国建設銀行が0.06(1.57%)安の3.750、中国工商銀行は変わらずの3.350でそれぞれ引けている。

また、原油が下落傾向になっているにも関わらず、景気後退観測から航空セクターが大きく売り込まれている。中国国際航空(0753.HK)が0.18(10.17%)安の1.590、中国東方航空(0670.HK)が0.13(15.12%)安の0.730、中国南方航空(1055.HK)が0.15(13.64%)安の0.950といずれも大幅安となった。


印刷用ページ このニュースを友達に送る



スポンサードリンク





Powered by 中国株ネット (C) 2008 - 2010 中国株ネット