メインメニュー
チャート
パートナーサイト
トップ  >  インドの証券取引所
インド 証券取引所 イギリス 植民地 経済 成長 市場 ムンバイ
インドは、かつてイギリスの植民地時代であった時があり、その当時にイギリス人などによって多数の証券取引所が設立されました。その為に中国とは異なって非常に多くの証券取引所が現在でも活発に取引を行っています。現在のインドには、既に20を超える証券取引所があります。

代表的な取引所と言えば、ムンバイ証券取引所とナショナル証券取引所であり、それぞれの指数がインド株の市場の指標として用いられる事が多いです。市場を並べると以下のようになっています。インドの経済成長に伴って、これらの証券取引所に上場する企業数も増加しています。

ムンバイ証券取引所
ナショナル証券取引所
アフマダバード証券取引所
バンガロール証券取引所
ブバネーシュワル証券取引所
カルカッタ証券取引所
コーチン証券取引所
コインバトゥール証券取引所
デリー証券取引所
ガウハティ証券取引所
ハイデラバード証券取引所
インド インターコネクティッド証券取引所
ジャイプール証券取引所
ルディアナ証券取引所
マディアプラディッシュ証券取引所
マドラス証券取引所
マガタ証券取引所
マンガロール証券取引所
プネー証券取引所
サウラシュトラ カッチ証券取引所
ウタープラディッシュ証券取引所
ヴァドーダラ証券取引所
インド OTC証券取引所
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:262 平均点:5.42
前
インド株のリスク種類
カテゴリートップ
インドの基本情報
次
インド株式市場

スポンサードリンク





Powered by 中国株ネット (C) 2008 - 2010 中国株ネット